BLOG

BLOG

 二度と先延ばしをしないために

こんにちは高野塾です。

(※高野塾は丸亀校、宇多津校、坂出校の3校舎に展開しております。)

ついついやってしまう先延ばしですが、ある考え方を持てばもう先延ばしをしなくなるそうです。

以前にこんなツイートをしました。

【先延ばしをしないコツ】

“自己連続性を意識する”

いまの自分と未来の自分のつながりを感じましょう。今日の行動が未来の自分にどれだけ影響があるか想像してみると先延ばしするのが怖くなるはずです。

— 高野塾 / 宇多津・丸亀・坂出 (@japagod)

 

上記の内容を細かくみていきます。

 

【自己連続性】

今の自分と未来の自分のつながりです。今日の行動は明日、1週間後、1年後に影響します。今日読んだ本の内容も、今日食べてしまったポテトチップスも未来の自分に影響を与えます。

人は「明日にはちゃんとする」「来週になれば変わる」と思いがちですがそんなことはなく、体も心も連続して未来に続いていきます。

 

【現在と未来の心理的距離】

そうなると、”現在の自分”と”未来の自分”の心理的距離が近い方が客観性を持って自分を見ることができます。

夏に水着になった自分、入試の日に試験を解いている自分を想像してみるといいかと思います。その時に焦りたくないなら、やはり今日やいまこの瞬間を意識したいですね。

 

【まずは明日の寝る前を想像】

ではどうやって意識づけるかというと、まずは明日の”夜寝る前の時間”を想像してみてください。明日の夜になってその日を振り返った自分がどう思うか、そこを想像してみてください。

だらだらしてしまった自分、勉強しなかった自分、ポテチを食べ過ぎた自分を明日の寝る前にどう感じるか。まずは短期的に未来を想像してみるといいかと思います。

 

先延ばしをやめることができたら、精神的な負担も減ります。

未来の自分と今の自分は同じ人間です。未来の自分を良くするにはさっそく今からの行動が一番大切なはずです。