BLOG

BLOG

ぶっちゃけ勉強は根性とか関係ない

こんにちは高野塾です。

(高野塾は丸亀校、宇多津校、坂出校の3校舎に展開しております)

日本は昔から根性論がもてはやされていました。まあ根性とかもある程度は大事ですが、効率よく肩の力を抜いて勉強しないと疲れるだけです。

 

以前にこんなツイートをしました。

勉強への向き合い方として

・勉強とかゲームと同じで
・暗記して疲れたら寝るし
・まあ復習と反復はしとく

もうそんな感じで毎日遊びなノリでやることやりましょう。すぐに受験日が来ておそらくいい結果を得られるかなと。

— 高野塾 / 宇多津・丸亀・坂出 (@japagod)

 

上記を詳しく見ていきます。

【勉強はゲームみたいなもの】

友達とのカラオケの時間ってすぐに過ぎますよね?なのに音楽の授業とか合唱練習とか長く感じます。結局、訳も分からずやらされるから嫌なんです。主体性がそこにないから楽しくないんです。

小さいときにゲームを買ってもらって無性にハマってたように勉強をしてみると、あの時と同じ感覚を味わえます。別に「勉強を好きになれ」とか言うつもりはありません。「ゲームを好きになれ」と言われたりしてないですよね?勉強もゲームと同じように一つずつクリアしていくだけです。

 

【暗記したらあとは寝るだけ】

ご存知の通り、暗記物は寝る前にするのが最も効果的です。ただこれは夜に限った話ではなく、日中でも暗記したらとりあえず仮眠を取ってみてください。睡眠中に脳が記憶を整理をし記憶も定着されます。起きたら暗記した内容をもう一度復習しましょう。覚えてる!と実感するはずです。

 

【成績が伸びないのは復習しないから】

断言します。復習をしないと成績はそんなに変わりません。

忘却曲線って聞いたことがあると思いますが、忘却曲線は人それぞれ違います。ただどんな人でも必ず「忘れる」のでやっぱ反復して復習するしかないですね。定期テスト前はみんなあんなに反復して復習して暗記するのに、どうして日頃の勉強ではそれをしないのか謎です。

びっくりするくらい世の中の人は「復習」をしていないので、こっそりやってみてください。いつの間にか周囲と差がつきますよ。

 

 

どんな勉強もまずはマイナスなレッテルを貼らずに楽しんでみる。ステージが進むごとに工夫してみる。勉強なんてゲームと同じなんです。つまり、何が言いたいかと言うと、

勉強のためにゲームを規制したりしなくて大丈夫です。ゲームでも頭を使って勉強にもその感覚を適用してみてください。ゲームも勉強も一緒ですから。