BLOG

BLOG

アイツに勝つ方法

こんにちは高野塾です。

(高野塾は丸亀校、宇多津校、坂出校の3校舎に展開しております)

エリートと言われている人たちに勝つ方法は存在します。勝つと言うより自分もそうなる感じですかね。

以前にこんなツイートをしました。

【自分の良さを引き出すには】

・エリートとは違う場で戦う
・プレゼン力を鍛える

の2つが最強かと思います。自分が得意な分野があるはずです。好きな事やハマってるものがあればそれは十分な資源です。良さが人に伝わるようにプレゼン力を鍛えればみんなエキスパートになれます。

— 高野塾 / 宇多津・丸亀・坂出

 

上記を詳しくみていきます。

【戦う場所を変える】

小学校の時にはなぜか足が速い人がモテました。じゃあ自分は速く走る練習をするのかと言うとそうではありません。時間がかかるからです。そしてもし足が速くなったとしても、すでに1番のイメージは最初に目立った子が独占しています。なのでそこに労力をかけるよりも別の分野を探しましょう。その方が時間のコスパがいいですね。

例えば「異様に昆虫に詳しい」とか「サッカーの話ならアイツだ」と定番から少し外れるくらいの分野の方が人の記憶に残りやすいかと思います。まずは自分の得意なことや好きなことを振り返ってみましょう。自分のこだわりは十分な資源です。

【プレゼン力を鍛える】

正直、自分の好きな事は自分の中だけで止めといていいかもしれません。しかし、それだと少しもったいない気もします。最近だとyoutubeやツイッターで平気で普通の素人がバズったりしますよね。なので自分のこだわっていることや好きな事はどんどん外へ発信しましょう。足が速いことよりも、もっと人から評価されるものを手に入れるかもしれません。

そしてそこに必要なのが「プレゼン力」です、要するに「良さを伝える力」ですね。プレゼン力が高いと、人が動きます。寄ってきます。この世の中はやはり人と人が繋がった方がおもしろいのでとにかくまずは発信してみることですね。ちなみにプレゼンの一番大切なことですが、「言語化」です。なんとなくいいと自分は思っていても、他人は気づきません。初めての人にも伝わるように言語化してみてください。

 

あなたは負けたりしていません。自分が苦手な分野で戦おうとせずに、もっとも心地よい分野で突き抜けてみてください。自分が時間を忘れて熱狂している事は自分の武器になります。

 

 

参考図書:ひろゆき/無敵の思考