BLOG

BLOG

イスに座らない方が健康

こんにちは高野塾です。

(高野塾は丸亀校、宇多津校、坂出校の3校舎に展開しております)

イスにずっと座って勉強や仕事をしているとがんばってる感じに見えますが、どうやら健康面では座りすぎはよくないみたいです。

以前にこんなツイートをしました。

 

 

座り続けるのは体に良くないそうです。健康的でかつ成果を出し続けるには運動を取り入れるのがおすすめです。歩きながらできる仕事や作業があれば取り入れてみてはどうでしょうか。

— 高野塾 / 宇多津・丸亀・坂出 (@japagod)

 

上記の内容を細かく見ていきます。

 

【座りすぎは喫煙より悪い】

体力を消耗しないようにずっとイスに座ることは慢性的な身体不活動になるため健康的ではありません。日々のルーティーンの中で「少し余計に動く」時間を見つけるといいかと思います。例えばこまめにトイレ掃除をするのもありですし、テレビを見るときは立ってストレッチをしてみるとかです。できるかぎり体を動かす習慣を取り入れましょう。

 

【朝に運動】

朝は誰でも時間がありません。それでもやはり朝に運動するのが最もオススメです。運動後にも脂肪は燃え続けます。朝に運動を取り入れるとその後1日中脂肪が燃え続けるわけです。

朝に運動することは精神面でもいい影響があります。「運動後12時間は気分が良い」という研究結果が出ているそうです。気分だけでなく、知力や創造力も高まるようです。

もちろん時間がない人は夜でも大丈夫です。運動しないより全然健康的です。

 

【健康志向がすべて】

どんな分野でも、健康であることより大事なことはありません。体は資本です。

最後に健康のために意識したいことを箇条書きで紹介します。

・カロリーよりも食事の質

・砂糖、人工甘味料を避ける

・加工肉をやめる

・オーガニックは必ずしも健康ではない

・テレビの視聴を減らす

・ドライフルーツは砂糖がやばい

・お菓子は一握りのみ

・理想の睡眠は8時間

 

 

まずは座らなくてもできることを見つけてみましょう。ちなみにこのブログ記事はジムのウォーキングマシーンの上で下書きしています。

健康志向で日々の成果を一緒に高めていきましょう。