BLOG

BLOG

ストレスをためないコツ3

こんにちは高野塾です。

(※高野塾は丸亀校、宇多津校、坂出校の3校舎に展開しております。)

ストレス管理ができたら1日、そして人生を快適で幸せな気持ちで過ごせます。

以前にこんなツイートをしました。

学校や仕事では時間に追われ神経を使い、過剰な刺激がのしかかるのでストレスになりがち。解決策としては

・睡眠
・昼寝
・ウォーキング
・デジタル断食

が有効です。どれも何の用意もせずにできるので試してみる価値ありです。

— 高野塾 / 宇多津・丸亀・坂出 (@japagod)

 

上記を詳しくみていきます。

 

【睡眠】

睡眠負債という言葉があります。睡眠量を借金にとらえた表現です。睡眠負債が続くと脳や体に炎症が発生します。

睡眠負債を避けるための、良質な睡眠の条件は以下の通りです。

・30分以内に寝れる

・夜中は起きても1回

・夜中目覚めても20分以内に寝れる

・総睡眠の85%以上を寝床で寝ている

日中に日光をしっかり浴びることで体内時計の調整ができるそうです。

【昼寝】

昼寝は15〜20分くらいがいいそうです。寝れなくてもただ目を閉じて休むだけでも十分に疲労回復します。

また、コーヒーナップを試してみてもいいかもしれません。昼寝をする前にコーヒーを飲む。カフェインが脳に達するまで20分かかるので、目覚めた時には昼寝の効果がさらに効いてくるはずです。

 

【ウォーキング】

週2〜3日で12分以上の早歩きが最低ラインです。1回45分くらい運動をすると、ストレス改善とともに認知機能も向上しやすくなるそうです。筋肉と脳はつながっているので運動により脳のパフォーマンスは確実に向上します、

【デジタル断食】

スマホの使用時間が長い人ほど不安が大きいという研究結果が出ています。まずデジタル断食の一歩目としてSNSをチェックする時間や曜日を決めてみましょう。SNSに触れている状態は一種の興奮状態です。デジタル断食は生産性の向上にもつながります。

 

ストレスに自分を支配されることなく自分にとって一番大切なことに集中しましょう。