BLOG

BLOG

レアな人材になる方法

こんにちは高野塾です。

これからは個人の力で勝負する時代になってきます。これからも「大企業に入る=勝ち組」と考えるのはけっこう危険です。大企業は大幅な人員削減をしていますし、倒産も普通に起こる時代です。

以前こんなツイートをしました。

 

【かけ算の意識】

自分ができることを増やしていこう。

例えば筋トレ、英語学習、IT、金融など必要なことを学ぶ。これら知識はかけ算すると莫大な価値になる。

 

上記を細かく見ていきます。

 

【これからは個人の時代】

近年、個人で活躍してお金を稼いでいる人たちは山ほどいます。YouTuberやブロガーやプログラマーなど分かりやすいですね。

なんとなく有名大学に入ってなんとなく大企業に入っても、もし会社が潰れてしまったら終わりです。

一方で時代に合った専門性を身につけた人たちは、自分の分野に合った市場を選んで戦う事ができます。

個人力をつけましょう。レアな人間になりましょう。

※ちなみに誤解されると困るのですが、日本の大企業はめちゃくちゃ優秀です。

今回はあくまで個人の視点を持ちたいのと趣旨です。

 

【何かを止めるだけでレベルが上がる】

みなさん電車に乗っているときは何をしていますか?スマホゲーム?youtube?それとも読書?

もしスマホアプリに1日30分費やしているならそのアプリを消すことをおすすめします。本を読んで情報をインプットし、深い思考をしている人と差がついてしまうからです。

大人だったらパチンコ、タバコなどでしょうか。何かを止めるだけで人からの評価も変わってきます。レアな人間に近づきます。

 

【かけ算でレアに】

元リクルートで現在教育改革実践家の藤原和博さんが提唱している考えがあります。

100人に1人という1%の人間になる。3つの分野で100人に1人になると掛け算で100万人に1人になる。希少性の高い人間になる。

1つの分野で10000人に1人になるのはかなり難易度が高いですが、100人に1人ならまだいけそうです。そしてその分野を2、3つと増やしていく。するとレア度がかけ算されてますますレアな人間になります。

税理士資格を持ったお笑い芸人が起業するとか、5ヶ国語話せるシンガーソングライターの学習塾とかレア度が上がりますよね。

1つ突き抜ける分野を選んで100人に1人を目指し、また別の分野でも同じように100人に1人を目指しましょう。いつの間にかあなたのレア度は上がっています。

 

まとめですが、これからの時代は会社に依存しない方がいいですね。そのためには個人で稼げる力、市場に求められる能力を身につけていきましょう。