BLOG

BLOG

人間関係、楽勝モード。

こんにちは高野塾です。

(高野塾は丸亀校、宇多津校、坂出校の3校舎に展開しております)

人間関係は世の中の悩みの9割以上を占めると言われています。人間関係の悩みを克服できると人生の負担はかなり減ります。

以前にこんなツイートをしました。

人間関係を円滑にするために、他人に対して親切を行うのはかなりアリです。こちらが親切を繰り返してるのにキレてくる人は少ないはずです。親切を習慣にすると周囲も同じムードになり自分にも返ってきます。

ちなみに悪口ばっか言う人達からは全速力で去るか完全スルーでOKです。時間の無駄です。

— 高野塾 / 宇多津・丸亀・坂出 (@japagod)

上記を細かく見ていきます。

 

【相手より自分をコントロール】

コントロールの対象は相手ではなく自分です。他人を変えるより自分を変える方がはるかに簡単です。自分の言葉や考え方、そして振る舞いを変えるだけで相手の反応も変わってきます。

コツとしてはGIVE &TAKEではなくGIVE &GIVEを意識します。もらうことより与えることを習慣にしていると、たとえ見返りがなくても嫌な気持ちになったりしません。まずはさっそく近くにいる人に親切を1つしてみてください。

 

【怒りのコントロール】

アンガーマネジメントが最近流行っているようですが意識したいのが次の3つです。

・怒るべき事は怒っていい

・怒るべきでない事は怒らない

・どっちでもいい事は怒らない

正直相手がどれだけ悪くても、怒ったら自分が損することがほとんどです。その損得勘定を意識しておくと怒ることを躊躇できると思います。心の余裕を持っておくと腹が立つ出来事があっても「まあこんなもんか。スルーでOK」と達観できるかもしれません。そんな心の余裕を持つためには、他のブログ記事でも書きましたが「ストレスを減らす」事です。可能な限り日々の精神的負担を減らしましょう。

 

【妬まず、学ぶ】

妬みは人をダメにします。まず常に妬みを持っていると雰囲気が悪くなります。悪口も増えます。自分のプライドを守るために他人の足を引っ張ろうとするのです。そういう人間が近くにいたら全速力で逃げるか完全スルーしてください。

他人の表面的な成果に妬みを覚えた時は発想を変えてみるのがいいかと思います。例えば

「あの人すごいな。自分も真似して学ぼう。」と考えるだけで一気に成長モードになれます。うらやましいと思った時こそ、自分の成長のチャンスなのです。みんなで良くなりましょう。

 

まずは親切をしまくるのがいいですね。誰も嫌な気持ちにならないですし、必ず親切は伝染していつか自分に返ってきます。身近にいるいい人たちでいい空気をシェアしましょう。

参考図書:勝間和代著/勝間式超コントロール思考