BLOG

BLOG

他人の足を引っ張ると自分の成長が止まる

こんにちは高野塾です。

人生の中で何度か他人に対して負の感情を持ったことがあるかと思います。

以前こんなツイートをしました。

 

ひがんでもいい妬んでもいい。
ただ他人を攻撃するのはやめろ。
自分を変えられない人の行動だから。

マイナスな気持ちを一瞬でも持ったらすぐに思考し何か建設的な行動をすること。そうやって人は成長していく。

他人の足を引っ張って自分の成長も止めるのはやめよう。

明日の朝に備えよう。

 

上記の内容を細かく見ていきます。

 

【他人に負の感情を持ったら】

まずは紙に書き出してみてください。なぜ腹が立ったのか、どこが嫌だったのか。それをできるだけ具体的に書いたら、その紙を1日か1週間寝かせて再び読んでみてください。きっと「自分は何こんなことで悩んでたんだろう」ってなるはずです。

 

【他人から悪口など言われたら】

無視してもいいですが、対抗して乗っちゃうと相手に自分の時間を差し上げていることになります。それなら相手からの攻撃は、自分が頑張るガソリンにしちゃいましょう。

相手があなたのことをぐちぐち言うのはおそらく脅威に感じているからです。多分あなたを抜くことはないので、そっとしといてあげましょう。

 

【なりたい、を正直に】

自分もあの人みたいになりたい!って素直に思うことが大事です。自分より成功している人を批判してしまうと、おそらく一生その人にたどり着けません。否定すると言うことは、遠ざけているわけですから。

自分が努力をして成長すればいいのに、他人の足を引っ張って自分と同じ側にしようとする人間がいます。少しきついですがそう言う人間はオワコンです。自分で自分の成長をストップしています。

 

 

相手をどう思うかはそれぞれですが、自分の成長を止めるのは辛い話です。負の感情を持ってしまったら、すぐに何か行動しプラスのベクトルに走り出しましょう。

他人を批判している間に、相手は一切気にせずどんどん進んで行ってます。

さあ、もし嫌な気持ちが残っているなら一旦寝ましょう。