BLOG

BLOG

健康オタクを尊敬しといた方が良い件

こんにちは高野塾です。

(高野塾は丸亀校、宇多津校、坂出校の3校舎に展開しております)

みなさんの周りに健康オタクの人はいますか?もちろん健康情報に誤りがある可能性はありますが、健康オタクの人はちゃんと勉強して情報を持っている可能性が高いです。

以前にこんなツイートをしました。

健康オタクをバカにすると気付いた頃には手遅れになると思います。健康を意識していない人からすると、健康志向の人の言動は極端に見えるかもしれませんが、結局は自分で自分の身体を守らないといけません。いまからでも健康生活を始めましょう。健康管理は未来への投資です。

— 高野塾 / 宇多津・丸亀・坂出 (@japagod)

上記を詳しく見ていきます。

 

【自分の意思に任せない方が良い】

勉強や仕事や人間関係がうまくいってるのに、もし自分の健康状態が悪くなると人は幸福感を感じにくいものです。健康は幸せの土台です。

健康は、お金や運よりも自分でコントロールしやすいイメージですが、「人の意思は案外弱いもの」だと常に意識する方が良さそうです。お菓子を食べないとか運動するとか頭では考えられても、目の間にお菓子があったらつい食べてしまいます。

そのため意思に頼るのではなく、そうせざるを得ない環境を作ることをおすすめします。例えばコンビニには寄らないとか親にお菓子を買うのをやめてもらうとかです。運動ならスマホのスケジュールに通知を設定してスケジュールに無理やり取り込みましょう。意志よりも環境を作る方が強制力があります。

【運動以外の活動量が鍵】

部活やジムで筋トレや負荷のかかる運動もしたいですが、疲弊してしまっては体内で炎症を引き起こします。そこで、運動以外に普段の生活の中でどれだけ積極的に動くかがポイントになります。例えばずっと座っているよりも、何か立ち上がって動くきっかけを作りましょう。使ったものをすぐ元の場所に戻すとか、掃除を先にやっておく、などです。

【まずは小さな意識から】

ジュースやお菓子はやはり避けた方がいいかと思います。ジュースは砂糖が大量に使われていますし、ポテトチップスなどの油はすでに時間が経ち酸化しています。酸化してしまったものを体内に取り入れると身体に悪影響な活性酸素が生じます。まずは良くないものをカットするだけでも変わります。大人の場合、アルコールを止めるだけで二日酔いの心配もなくなりますし、胃腸のだるさも解消されます。

 

心身ともに快適になり、本当に大事なことに時間や体力を使いましょう。健康はコントロールできます。

 

 

参考図書:勝間和代著/勝間式 超コントロール思考