BLOG

BLOG

実感できる成長。でもまだやるべきこと。

善一3年のある男子。

2年次の偏差値は40ほど。

〈別に偏差値だなんて私はそんなに気にしてません〉

彼は今回、第1回ベネッセ・駿台マーク模試9月で、英語学年1位でした。

まず、おめでとう。君のその点数なら坂高でも丸高でも大手前でもトップ層だよ。

よくも高野塾の方針にハマってくれたと。1位はいいんだ。素晴らしいんだ。

けど、

うちでは英語は当然。古典も漢文も現代文も世界史もよろしくと。

高野塾が大切にしていることは、生徒の伸び率であり、達成力であり、人間性であり、、、、たくさんあります。

【教育者がしてはならないこと】

自己満。

【親、学校の先生、民間の教育者がすべきこと】

本人の成長を結構なくらい本気で実感し、さらに促すこと。

ってか、crazyな目標を掲げ、それに向かってやるべき策を尽くす。それだけでも人は簡単に成長するんですね。

まずは一緒に目標を掲げませんか?

ただ守ってもらいたいのは、

思考すること・継続すること・工夫することです。

といったところで話題変えますが、今日から高野塾宇多津教室はハロウィン期間です。今日午後2時くらいにふと思いついてさっそく実行しました。ハロウィンの音楽を爆音で鳴らしてすいません汗

飽きるまでハロウィン期間続きますので、にぎやかな空気で行きましょう。

あとは、塾の宇多津中3年の金曜クラス全員で、まずは、宇多津中の英語のテスト順位トップ層を牛耳ろうと約束しました。すでにそうなってますがさらに^^

今日はあえてこの言葉で。

crazyにトップへ。