BLOG

BLOG

【ブログ】意識のベクトル

Twitterで投稿した内容を掘り上げよう①

【高野塾の意識のベクトル】

赤本、学習の診断の過去問対策を早くから始める。

→「入試がどのような問題なのか」を実際に知らないと対策が練れません。今している勉強が何の役にたつか分からないまま、手を動かすだけになったりしていませんか?

うちではとにかくまず過去問を解かせます。別に2割しか取れなくてもいいんです。そこからどうやって点数を上げていくか、生徒が意識し始めることが大事なのです。

野球をやったことない人にいきなり「ヒットエンドランってのは〇△◇りぇうびゔぇrstゔぉ??Wだよ!分かった??」と説明してもピンと来ません。まずは試合をする。そこで失敗しまくることで、いくらでも改善点やすべきことが見えてきます。

not only勉強but also 生き抜く強さ

→やはりあえて「与えない」ことは必要かと思います。(これは保護者に向けての文章になりそうですが)高野塾では、環境は完全に整えた上で、生徒に「自主性」を持ってもらうよう対応することがあります。何でもかんでもしてあげると「受け身」な習慣がついてしまう可能性がありますし、自分で考えたり切り開く力がつきません。意見を聞くことが結構多いですね。「これについてどう思う?」など対話が大切と感じています。もちろんその生徒の性分も踏まえた上で対応をしてますので、ご安心ください。優しくもあり強さもある人材に育って欲しいと言う考えからです。

と言ってもかなりおせっかいな方だと思いますが笑

 

高野塾のテーマは風通しよく、みんながのびのびと活動する場所です。もちろん過程も結果もこだわって、突き抜けます。