BLOG

BLOG

成績が伸びる人と伸びない人の違い

先日にこんなツイートをしました。

初めにも書きましたが私自身成績が全く伸びず地方有数の進学校の中で落ちこぼれていました。学年順位も後ろから2位をとっていたり散々でした。しかし最終的に偏差値80を取って早稲田に受かったのは本を読んだり信頼できる先生と話して自分を変えたからだと確信しています。

【素直】

なんでも従順になることではありません。むしろ情報に対して正当性や効果を一回疑ってみるのは大切なことです。ただ物事にフィルターをかけすぎるのは少しもったいないかもしれません。色眼鏡は捨てたほうが圧倒的に得られる情報が増えます。まずはなんでもインプットしたり試してみないと自分だけで今の現状を改善するのは難しいわけです。素直な姿勢だと周りのお節介な人が助けてくれます。この子にもっといい情報を伝えてあげよう!と心から思ったりするわけです。

【考える】

思考停止は良くない。先日うちの生徒に「ネットでおすすめされた参考書があったので5冊買いました!」と言われましたが色々聞いてみると商品紹介のブログ記事にすんなりとはまってしまったとのこと。もちろん誰もが認める素晴らしい参考書は世の中に確かにあります。けどその参考書がその子に合うかどうかは別です。今自分がどんなことに悩んでいてどんな力を身に付けたいかを考えてまずは先生や自分より成績がいい子と話してみるなどしても良かったはず。まあ信頼できる先生に限りますが。自分で考え抜くのはどんなシーンでも必ず役に立ちます。

【心の中がスッとしている】

そんなことたくさん言われても今自分は頑張っているし正しい判断をしているんだ!と思う方もいるかと思います。ただもっと工夫すればさらに良くなるのなら、少し自分を変えてみるのもアリかと思います。もっともっと成長するチャンスは近くに転がってたりしますよ。すでに頑張ってるからこういう記事を読んでくれているのも分かります。まず最初にできることは要らないものを捨てることです。心を体がスッとして軽い状態だと行動力が上がります。過去にとらわれず新しいものに目を向けられます。

【結局は自分】

人生を良くするのも心で幸せを感じるのも、もっとも根底にあるのは自分自身のものの見方や選択です。みんなの意見や行動より自分の心を信じたほうがいいかと思います。ただ誰に教わるかで人生はほんの少し変わっちゃうからこそ、周りの友達や大人の意見に振り回されないよう気をつけましょう。

 

 

高野塾:丸亀市、坂出市、宇多津町にある塾。幼稚園、小学生、中学生、高校生、高卒生の全学年が対象。定期テスト対策、入試対策はもちろんのこと、合格という結果を最優先に指導。全教科、全科目対応しています。