BLOG

BLOG

読書はマジで最強の投資です

こんにちは高野塾です。

(高野塾は丸亀校、宇多津校、坂出校の3校舎に展開しております)

以前にこんなツイートをしました。

【読書習慣をつくる】

読書習慣をつくるためにはまず

①目的に合った本を選ぶ
②とりあえずベストセラー
③まずは軽めのものを
④読書行為を神聖化しない
⑤100%理解しようとしない

私自身1日1冊以上読みますが、読書最強ですよ。格安の自己投資です。

— 高野塾 / 宇多津・丸亀・坂出

上記を詳しくみていきます。

 

【目的に合った本を選ぶ】

読書習慣を身につける最初のステップは「いま自分が気になっていること」や「改善したいこと」に関連した本を選ぶことです。読書は自発性がなければ続きません。よってまずは自分の目的を探すことです。いま必要な情報に対しては積極的になれると思います。

【とりあえずベストセラー】

もし今の時点で何を読んでいいか分からない場合は、書店で並んでるベストセラーの本を読みましょう。読みやすいだけではなく、いまの社会のトレンドが分かってきます。例えば最近だと「断捨離」「働き方」などが流行テーマです。社会の関心ごとをわかりやすくつかめるかと思います。

【まずは軽めのものを】

いくらベストセラーでも読みにくいものもあります。そもそも読書初心者には学術的な重たい本はおすすめしませんし、マニアック過ぎても「ピンとこない」はずです。まずはボリュームも少なく明らかに読みやすそうな本から入ってOKです。大事なのは続けることなので。

【読書行為を神聖化しない】

読書初心者が最初にやりがちなのが、カフェに行って読書することです。別にカフェで読んだらダメなわけじゃないです。けどこういう人は読書を特別なことだと思い過ぎています。読書するだけのためにわざわざおしゃれしてカフェに出かけるのは、きっと1週間も続かない気がします。家やカバンに常備して、ハッと思いついた時にすぐ読めばいいのです。読書は特別なことではありません。

【100%理解しようとしない】

これは読書に限った話ではないですが、やはり物事を継続するには完璧主義は捨て去りましょう。本には間違いなく読みやすいものとそうでないものがあります。そもそも筆者が分かりやすく書けてない可能性も全然あるので、読みにくかったり分からないところは一旦は軽く流しましょう。読書習慣を身につけるには継続することが優先です。

 

読書は収入を上げてくれるって話もあります。まずは何冊かさっそく買いに行きましょう!(もちろんAmazonでもokです)