BLOG

BLOG

夢をかなえるゾウ2

こんにちは高野塾です。

(高野塾は丸亀校、宇多津校、坂出校の3校舎に展開しております)

以前にこんなツイートをしました。

この夏どれかを習慣にすると夢がかなうかもしれません🤔パートⅡ

・夢を楽しく想像する
・自分の短所を人に聞く
・運が良いと口に出す
・人の成功をサポートする
・毎日、感謝する

水野敬也著/夢をかなえるゾウ より

— 高野塾 / 宇多津・丸亀・坂出

上記を詳しく見ていきます。

 

【夢を楽しく想像する】

「人はなぜ生きるのか」みたいな哲学的な問いに対してもう答えはこれしかないと思うのですが「幸せになるため」だと思います。じゃあ何となく生きてたらいいかというとそれだけじゃもったいないです。人生って何か大きいことを掲げてそれに向かっていくと意外と実現できたりします。形だけの「夢」じゃなくて、「自分がしたいなー!」と直感的に思うことをとりあえず「夢」と名付けて目指してみましょう。夢って別に職業の話じゃないですよ。何でも。

【自分の短所を人に聞く】

何かをつかむためには自己成長が欠かせません。成長する一番シンプルな方法は「試行錯誤する」ことです。何でもやってみる。そしてすぐにフィードバックする。その際、自分だけの視点では偏りがでちゃうので人に意見を聞きましょう。プライドも捨てて、自分の欠点を聞いてみるといいです。正面から自分と向き合える感覚を経験できるはずです。

【運が良いと口に出す】

運がいい人はなぜか「運が良かった」と口に出します。一方で運が悪い人はなぜか「運が悪かった」と口にします。卵とニワトリどっちが先かわからないですが、とりあえず「運がいい」と思って口に出す方が良さそうですね。

【人の成功をサポートする】

自分の成功を強く望むことは大切です。でもその練習として他人の成功をサポートしてみてはどうでしょう。自分のことって意外と分かってないことが多いので、他人に時間や意識を向けることで自分を客観視できます。もちろん、サポートされて成功したその人は、いつかあなたを助けてくれます。

【毎日、感謝する】

雰囲気のいい人や場所に同じような人が集まります。そういう場所には常に感謝が存在します。感謝という言葉は少し青くさいかもしれませんが、自分も他人も良くなる1番の方法です。どんなことに感謝してもOKです。必ず自分の心にいい影響を与えてくれます。

参考図書:水野敬也著/夢をかなえるゾウ