BLOG

BLOG

『不安』を早めに消し去らないと肌とか体調に悪い。

こんにちは高野塾です。

人の体調不良って主に以下の2つの要因があるようです。

①体の炎症

②不安

以前のツイートです。

 

・未来を近づけるには

未来への心理的距離が遠くなると人は不安に感じます。「行き先がわからない、何をしていいかわからない」が人を悩ますのです。

結論を言うと「未来に目的を持つ」ことが大事です。目標でも目的でもどっちでもよくて、自分の求める未来が存在することが自分を奮い立たせてくれるのです。言い換えれば、生きる意味を実感できるのです。ワクワクする未来を想像しましょう。自分のものにしましょう。

 

・自分の価値観を明確にしてみる

これは何も難しい話ではありません。例えば、「早起きしたくない」とか「海外が好き」とかでも全然いいと思います。難しいことを言わなくても、自分の好みを挙げていくだけでも価値観が見えてきます。

価値観が定まっていると、ブレにくくなります。つまり、自分に関係のないことや合わないことに時間と体力を消耗せずに済みます。自分の価値観を持って未来へ進むだけです。

 

・行動しないと何も見えてこない

結局どんな言葉を浴びても、本を読んでも、行動しなければ何も変わりません。頭で考えても別に世界は変わったりしないし、自分も変わったかどうかなんてわからないのです。頭のいい人ほど、あれこれ考えすぎて行動していなかったりします。

ってことはやはり、不安を解決する一番の方法は「行動すること」です。見切り発車でもう動き出すと、勝手に何かしらの結果がついてきます。

 

・とりあえず肩の力抜く

運動している人ほど疲れないし、行動する人ほどミスが少ない。逆説的ですが人生そんな感じなので、あまり「深く」考えずにみんなで動いちゃいますか。